お知らせ

現場見学会を開催しました(宮崎工業高校)

11月13日(金)宮崎工業高校電気科2年生を対象に現場見学会を開催しました。見学した施設はこの夏完成した宮崎県防災庁舎です。宮崎県防災庁舎は、鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)、延べ床面積約2万4千㎡、地上10階・地下1階建ての建物で、3階から7階までは危機管理防災センターになっており、自然災害や危機事象発生時の緊急対応を県が関係機関と連携して行うフロアになっています。今回の現場見学会は、この危機管理防災センターの機能や役割を学習するとともに、電気設備機器の設置や配線工事などを行う電気工事業について理解を深めてもらうことを目的としました。

はじめに島田宮崎支部長があいさつ、次に県防災拠点庁舎整備中武室長からあいさつがあり、同じく防災拠点庁舎整備伊東主幹さんから庁舎の概要説明がありました。その後、この庁舎の電気設備工事を施工した三桜電工・電工社・小田電業建設企業体を代表して監理技術者の黒木さん(三桜電気工業(株))から、施工状況を写した工事写真や施工図面などを使って工事概要説明がありました。

続いて総合対策部室で災害対応のシステムや機能などの説明を受け、その後3班に分かれて地下駐車場、庁舎管理室、電気室や発電機室などを見学しました。